EN | ES | FR | 日本語 | Py

コンドームの街 : Condom


Condomは、Condom-en-Armagnacという名前でも知られる歴史の古い街です。紀元前27年のローマ侵略以前には既に数多くの住民がいました。
ベイズ川が緑に囲まれた街を横切る(不思議な事に、ベイズ("baise")とは、フランス語で性交を指す俗語)。
このGers地方の緑豊かな小さな街はパリの南西560kmに位置します。
人口は7500人ほどで、街にはもちろんコンドーム博物館があります!
Condomにはthe Tower of Mothes とthe Castel of Puypardinという13世紀に建てられた2つの城があります。
この遺跡のおかげで、この昔ながらのフランス南西部の趣を残した街ではよく映画の撮影も行われ、Condomやその周辺の街には世界中から観光客がやってきます。
キャンプや牧場体験等、エコツーリズムも盛んです。また、この一帯でミディ・ピレネー山脈の森林再生計画が行われています。
 

アルマニャック


アルマニャックは有名なブランデーの一種で、フランス南西部、ガスコニーのアルマニャック地方で700年以上に渡って製造されています。
Ugni BlancやColombard等のワインをコニャックのポットスティルではなく、コラムスティルという方法で蒸留します。
蒸留液はオーク樽で熟成されます。その製造過程はINAO (Institut National des Appellations d’Origine:)と the Bureau National Interprofessionel de l’Armagnacによって管理されています。
アルマニャック地方は、フランスで最も古くからスピリッツの製造を行っている地方のうちの一つです。このお酒はコニャックほど有名ではありませんが、本当のグルメ愛好家の多くはアルマニャックを好むようです。
また、完成したアルマニャックの多くは小規模な販売店によって流通する事もコニャックほど有名ではない事の理由の一つのようです。
 
 

フォアグラ


この地方の方一つの特産品はローマ人によってもたらされました。
今となってはフランスの名産品として知られているフォアグラは、もともとローマの植民地だったエジプトから持ち込まれたものだったのです。
濃厚で、口の中でとろけるような繊細な味を持つフォアグラは、鴨やアヒルの肝臓を原料に、ムースを始め実に様々な方法で作られ、そして販売されています。他の食材とも相性は抜群で、様々なレシピにも用いられます。
現在、フランスは世界第一位のフォアグラ産出国です。
 

 ダータニャン


Gers地方はCharles de Batzの故郷としても知られています。1613年、彼はCondomの近くのCastelmore城で誕生しました。
この偉大な軍人は、マスケット銃士としてダータニャンの名で後に有名になりました。
彼の人生は数々の小説の題材となりましたが、中でも有名なのはアレキサンダー・ドュマスによる"The Three Musketeers"でしょう。.
ダータニャンは1644年に Grand Mousquetaireの位を授かり、さらに1655年にはマスケット銃士の最高位であるCaptainになりました。br />彼は太陽王として名高いルイ14世に仕え、フランス南西部Saint-Jean-de-Luzでのオーストリア皇女マリー・テレジアとの結婚式に同行しました。
1667,年、ダータニャンはフランス北部にあるLille市の知事に就任しましたが、1673年のオランダとの戦いにて、その日は非番であったにも関わらずマスケット銃弾を額(喉という説もありますが)に撃ち込まれ戦死しました。
そうして、伝説は生まれました。